とにかく環境が良かったNEOとお世話になったHellophil.com

正式名称はNEO INTERNATIONAL LANGUAGE CENTER INC.

 

英会話を学ぶために海外へ留学するときに、最も迷ったのはどこの国へ行くかです。英語圏の国はたくさんあるのですが、最終的に選んだのはフィリピンでした。なぜなら他の国は日本から遠いですし、治安の悪い国も多く、海外へいろいろと行ったことがある友人のすすめもあってフィリピンに決めたのです。

 

学校はNEOというところに決めたのですが、学校選びはすぐ終わりました。NEOという学校を選択した理由は、フィリピンの中でも歴史のある学校であり、日本だけではなく東アジアのいろいろな国から英語を学ぶために留学をしている人がいるからです。生活にも便利な場所であると同時に、あまり賑やかな地域ではないという点も魅力的でした。

 

マンツーマン授業が多くなっているので、自分のレベルに合わせた授業が行えるというところも、英会話を上達させるためにはうれしいですし、ビーチにも近いので、生活環境もよかったです。私が留学したときは日本人が殆どいなかったので、多少不安はあったのですが、他の国の人とすぐ仲良くなれたので安心しました。

 

私がお世話になったフィリピン留学エージェント

わたしは友人からフィリピンをすすめられ、インターネットでフィリピンの留学校を調べ始めました。ですが、インターネットにはあまりにも情報が溢れすぎていて、どれを選んだらいいのか、分からなくなってしまいました。そこで、フィリピンへの留学をすすめてもらった友人に再び尋ねたところ、Hellophil.comというフィリピン留学のエージェントを教えてくれました。

 

Hellophil.comではとにかく登録しているフィリピンの留学校も多かったのですが、「マンツーマンが充実している学校」などの学校の個性から学校を検索できたので、わたしの理想を見つけやすかったのです。

その他、フィリピンの情報についても詳しく載っていて、留学前に情報を得たいと思う人にもぴったりだと思います。みなさんも是非、Hellophil.comを使ってみたらいいと思います。

気になることは問い合わせフォームを使えばメール一本で聞くこともできます。

英語には自信があったが、改めてフィリピンのSeattleに留学

私は比較的英語が得意で、TOEFLも公認点数90点を保有しています。しかし、さらにレベルアップをしたいと考え、フィリピン留学を行うことに決めました。フィリピンにはたくさん学校があるのですが、TOEFLのコースがあるところがよいと考えていたので、Seattleという学校を選びました。 続きを読む

フィリピン留学には歴史のあるTALK Yangcoセンターを

私はフィリピン留学を行う際に、TALK Yangcoセンターという学校に決めたのですが、なぜTALK Yangcoセンターを選んだのかというと、この学校はバギオで初めてTOEICコースを導入した学校だからです。私がフィリピン留学を行った理由も、TOEICのテストを受けるための勉強をするためでした。 続きを読む